分科会

第一分科会

タイトル

「分子振動計算の最前線」

  • 講師:八木 清 先生 (理化学研究所専任研究員 )
  • 担当:織田 耕平 (北海道大学 武次研究室 D1)
  • 担当連絡先:sec1_@_ymsa.jp

紹介文

分子振動理論の基礎を変分法と摂動法を中心として解説する。さらに、QM/MM計算や分子動力学計算と組み合わせ、凝縮相や生体分子に対する振動スペクトル計算法を解説する。最後に、最新技術動向(機械学習による非調和ポテンシャル生成や量子コンピュータ)と将来展望について述べる。

詳細はこちら

第二分科会

タイトル

「プラズモンの分子科学:電子集団運動の起源とその機能」

  • 講師:安池 智一 先生 (放送大学 教授)
  • 担当:中嶋 武(横浜国立大学 大野かおる研究室 D1)
  • 担当 連絡先:sec2_@_ymsa.jp

紹介文

プラズモンと呼ばれる電子の集団励起は,その集団性に起因する敏感な光学応答によって,各種光学過程を増感するほか,特異な化学反応を誘起するなど,近年分子科学の分野でも多くの関係する研究がなされるようになりました.本講義では,電子集団運動の様々な記述手法を学びながら,その起源やいくつかの応用事例について微視的な観点に立って議論するとともに,その背景にある電子構造の隠れた対称性(dynamical symmetry)についても紹介したいと思います.

詳細はこちら

第三分科会

タイトル

「分子集合体の電子励起状態ダイナミクスの基礎と実践:機能性有機材料を分子科学の観点から眺める」

  • 講師:宮田 潔志 先生 (九州大学 助教)
  • 担当:吉田 龍矢 (京都大学 渡邊研究室 M2)
  • 担当連絡先:sec3_@_ymsa.jp

紹介文

近年、有機ELなどをはじめとした有機分子を用いた機能性材料の開発・社会実装が加速している。これらの材料を分子科学の枠組みから眺めると、電子の自由度と構造の自由度が複雑に絡み合った非常に魅力的かつ挑戦的な研究対象である。これら複雑系の裏に潜む物理を微視的なレベルで解明し、未知の機能や材料設計指針を開拓することは21 世紀の分子科学・物質科学の課題の一つと言っても過言ではないだろう。本分科会では、分子科学と材料科学の橋渡しを大枠の目標として、理論と現場の話をバランスよく織り交ぜて学習する。分子集合体の量子状態を記述するために必要な考え方を概観したのち、特に講師の専門である超高速レーザー分光を基軸として実際にどのような実験的研究が展開されているか紹介する。

詳細はこちら

第四分科会

タイトル

「ラマン散乱の基礎理論と生命科学研究への応用」

  • 講師:重藤 真介 先生 ( 関西学院大学 准教授)
  • 担当:御領 紫苑 (学習院大学 岩田研究室 M2)
  • 担当連絡先:sec4_@_ymsa.jp

紹介文

ラマン分光は細胞内の分子情報を非破壊的かつ非標識で取得できるため、物理化学の枠を越えて生命科学分野にも応用されている。その一方で、ラマン散乱の理論は専門外の人にはとっつきにくく、基礎理解に基づいた応用展開の支障となっているのも事実である。本分科会では、ラマン散乱の量子論を基礎から解説し、実際の研究例とともに生細胞系への応用について紹介する。

詳細はこちら

第五分科会

タイトル

「アト秒化学:化学反応素過程の電子レベルでの理解」

  • 講師:沖野 友哉 先生 ( 理化学研究所 研究員)
  • 担当:上西 隆太 (京都大学 鈴木研究室 D1)
  • 担当連絡先:sec5_@_ymsa.jp

紹介文

アト秒パルスの発生が可能になってから約20年が経過し、光源開発が主体の時期から光源を利用したアト秒時間領域の電子ダイナミクスの実時間追跡および制御を目指す応用研究への展開期に移行しつつあります。本分科会では、アト秒研究を行うための要素技術(光源・計測手法)を近年のアト秒パルスを用いた応用研究を題材にして学ぶとともに、次世代のアト秒科学(特に分子を対象としたアト秒化学への展開)に今後何が必要となるかについて考えます。

詳細はこちら