特別講演

第56回分子科学若手の会夏の学校では、京都大学福井謙一記念研究センターの高塚和夫先生をお招きし、特別講演を開催いたします。

本特別講演は、分子科学の研究を長年牽引してこられた先生をお呼びし、分子科学の発展の歴史と今後の展望やご自身の研究のご来歴等をご講演いただくとともに、分子科学の将来を担う若手研究者へのメッセージを賜り、参加者の皆様の分子科学に対する熱意をより一層強め、参加者の皆様に本夏の学校でより有意義に主体的に学び、交流していただくことを開催目的としております。

今回お招きする高塚和夫先生は、昨年度まで東京大学大学院総合文化研究科教授をお勤めになられ、理論分子科学・分子非線形科学の分野において数々の顕著な研究業績を上げられ、また先生の薫陶を受けた多くの教え子たちが分子科学をはじめとする各界で活躍しております。

高塚先生には分子科学若手の会夏の学校および特別講演の趣旨にご賛同をいただき、ご厚意により特別講演をお引き受けいただきました。


特別講演の詳細は以下の通りです。


◆開催概要
 
 開催日時:2016年8月22日(月曜日)
 講演時間:14:00-15:00(ご講演50分、質疑応答10分(予定))
 開催場所:京都大学北部構内 理学研究科セミナーハウス

 講演内容(予定):
     ・分子科学の発展の歴史と今後の展望の概説
     ・高塚先生ご自身の研究のご来歴や研究姿勢等について
     ・分子科学の将来を担う若手研究者に向けてのメッセージ


◆特別講演講師紹介

京都大学 福井謙一記念研究センター リサーチリーダー
東京大学名誉教授

高塚和夫 先生

[ご専門]
理論分子科学・分子非線形科学
     ・非断熱電子動力学理論の構築による化学反応論の展開
     ・時間・エネルギー・角度分解光電子分光法による超高速非断熱過程の核波束動力学の直接観測と制御に関する理論的研究
     ・多原子分子の電子散乱理論の構築と応用
     ・化学反応動力学のための多体量子動力学理論とそれによるカオスの量子化のメカニズムの解明
     ・原子クラスターの構造転移における力学と統計性の関係の諸相の解明
     ・セルオートマトンによる形態形成の動力学の研究
        など

[ご略歴]
1978.03          大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程修了(工学博士)
1978.08-1979.09  ノースダコタ州立大学 博士研究員
1979.09-1981.12  カリフォルニア工科大学 博士研究員
1982.01-1987.03  分子科学研究所 助手
1987.04-1992.03  名古屋大学教養部 助教授
1992.04-1997.09  名古屋大学大学院人間情報学研究科 教授
1997.10-2016.03  東京大学大学院総合文化研究科 教授
2016.04-         京都大学福井謙一記念研究センター リサーチリーダー

[受賞]
2013 第4回分子科学会賞
  「新しい化学へ向けた化学動力学の基礎理論の展開」
2015 第67回日本化学会賞
  「化学反応電子動力学の基礎理論の展開と応用」