分科会‎ > ‎

sessions_draft

※担当連絡先はお手数ですが「_at_」を@に変えて頂きますよう、よろしくお願い致します。

第一分科会

量子ダイナミクスの基礎と化学反応への応用

化学反応は原子、分子、電子の組み換えによって起こる本質的に時間依存の問題です。そこで、本講義では、時間依存のシュレーディンガー方程式を基に波束の概念を用いて議論を進めます。経路積分、半古典理論について解説し、核波束や電子波束を用いた化学反応への応用へと展開していきます。


  • 担当: 杉澤 宏樹 (金沢大学 水野・井田研究室 M1)

  • 担当連絡先: sec1_at_ymsa.jp


 

第二分科会

分子科学者のための磁性理論入門

磁性は物質科学の根幹のひとつでありながら、その全貌がつかみにくい分野です。その理由は、つまるところ「スピンとは何か」という根源的な問いに我々が答えきれていないからです。本講義では、「スピンの探求」を軸に固体電子論、対称性理論、相転移論およびこれらを記述する基本言語である量子・統計力学および場の理論の手法を解説しますスピンを巡る葛藤を通して、皆さんを現代の物性物理学の前線へ誘うことを目標にします。

  • 担当: 坂本 想一 (京都大学 谷村研究室 M2)
  • 担当連絡先: sec2_at_ymsa.jp 

  

 

第三分科会

光受容タンパク質の分子科学研究

近年生命科学分野において、光のエネルギーを用いて機能を発現する多様な光受容タンパク質が、生体の光操作など様々な形で応用され注目を浴びている。本講義ではその機能メカニズムや新規分子設計に向けた、分子科学を中心とした長年の研究について講義を行うとともに、最前線の研究例について紹介する。

  • 担当:  姜 天龍 (上智大学 南部研究室 D2)
  • 担当連絡先: sec3_at_ymsa.jp  


 

第四分科会

イオン液体の界面科学:その場観測と表面科学的視点

イオンのみから構成されているイオン液体には、希薄な電解液を前提とした従来型の電気化学の考え方や電極界面の描像をそのまま適用できません。最近の研究で新しい固液界面の描像が見えてきましたが、そこには界面をその場観測する手法と、真空中における表面科学的な研究手法の、双方の貢献があります。本分科会では、イオン液体/電極界面の科学の進展について解説し、その中でその場観測とモデル表面の研究の重要性について議論します。

  • 担当: 岡上 大二朗 (大阪大学 福井研究室 D1)

  • 担当連絡先: sec4_at_ymsa.jp


 

第五分科会

大規模並列量子化学計算

スーパーコンピュータだけではなく研究室レベルの計算機でも並列計算は不可欠になりつつあります。プログラム開発者、ユーザー双方の視点から、これからの計算機を効率的に使うための計算手法及び技術について解説します。その後、より理解を深めるため大規模並列量子化学計算プログラムSMASHを使った実習を行います。

  • 担当: 浦谷 浩輝 (東京大学 山下・牛山研究室 M2)

  • 担当連絡先: sec5_at_ymsa.jp


 


Comments