分科会

※担当連絡先はお手数ですが「_at_」を@に変えて頂きますよう、よろしくお願い致します。

第一分科会

分子科学における代数理論:振動ダイナミクスへの応用を中心に

原子・分子の世界では、点群等の空間的な対称性については、分光学や量子化学計算おいて古くから多くの応用がなされてきました。一方近年、「系の動力学的な性質」に基づく対称性であるdynamical symmetryに関心が集まっています。本講義では、この応用として、特に原子核の複雑なエネルギー準位構造の解析から生まれた「代数アプローチ」と呼ばれる理論に着目し、多原子分子の振動や化学反応への応用を基礎から学んでいきます。

(詳細は後日公開) 

  • 担当: 久賀谷 有人 (慶應義塾大学 藪下研究室 B4)

  • 担当連絡先: sec1_at_ymsa.jp


 

第二分科会

大規模分子の凝集シミュレーション計算手法

分子の凝集のような反応を取り扱う方法として,MD法が広く用いられる。
MD法では時間発展の際に各原子に働く力を必要とするが,その計算コストと精度の関係から様々な手法が用いられる。
本講義では,大規模分子のMD計算に用いる古典・量子化学計算手法の理論について説明する。
また,これらの理論を組み合わせたQM/MM-MD計算の生体分子系への適用についても併せて紹介する。

(詳細は後日公開) 

  • 講師: 西澤 宏晃 先生 (自然科学研究機構 分子科学研究所 特任研究員 : 西澤先生個人HP  )
  • 担当: 海老澤 修一 (北海道大学 武次研究室 B4)
  • 担当連絡先: sec2_at_ymsa.jp 

  

 

第三分科会

有機伝導体・有機エレクトロニクスのための物理化学

電気を流す有機物質の研究は、非常に高伝導の有機伝導体から有機超伝導の研究を経て、最近の有機エレクトロニクスの研究に至っている。こうした現象を理解するためには通常の固体物理を物理化学・有機化学の立場から捉え直す作業が必要である。有機伝導体について、基礎から始めて最新の注目テーマまでを考える。

(詳細は後日公開) 

  • 講師: 森 健彦 先生 (東京工業大学 教授 : 研究室HP )
  • 担当:  鍋井 庸次 (名城大学 坂東研究室 B4)
  • 担当連絡先: sec3_at_ymsa.jp  


 

第四分科会

分子・スペクトルの外部電場効果:基礎から生体分子、細胞まで

外部電場の印加に伴う吸収・蛍光スペクトルの変化を解析することによって、電子励起状態の構造や電場による反応速度の変化などの情報を得ることができます。また電場によって機能性材料や細胞の状態を変化させることもできます。本分科会では、電場による光学スペクトル変化の基礎を解説し、電子吸収、蛍光、蛍光寿命そして赤外吸収への応用、そして細胞の電場変化を紹介します。実際の研究に役立つような解説を目指します。

(詳細は後日公開) 

  • 講師: 中林 孝和 先生 (東北大学 教授 : 研究室HP )
  • 担当: 戸田 尚吾 (関西学院大学 重藤研究室 M2)

  • 担当連絡先: sec4_at_ymsa.jp


 

第五分科会

非線形分光の基礎と超高速分子ダイナミクス研究への応用

強いレーザー光を照射すると物質中に非線形分極が生じ、和周波光発生や非線形ラマン散乱など、弱い光だけでは起こらない様々な現象が観測されます。これらの非線形光学過程は、いまや分子レベルの静的・動的性質を探る重要な分光手法の基盤になっています。本分科会では、光と分子の相互作用を軸に様々な線形および非線形光学過程を見通し良く理解することをめざします。また超短パルス光を用いた非線形分光実験の仕組みと技術の最前線を紹介し、分子の電子状態・構造とその変化がどのような信号として観測されるのかを実例を交えながら解説します。

(詳細は後日公開) 

  • 講師: 竹内 佐年 先生 (理化学研究所 専任研究員 : 研究室HP )
  • 担当: 小林 柚子 (京都大学 松本研究室 M1)

  • 担当連絡先: sec5_at_ymsa.jp